新・やる気伝道師日記

ガントチャート

BY:出路 雅明
2017年05月22日
5件のコメント
 
最近は「ガントチャート」なるものを
ちょくちょく活用させてもらっている!
基本的には計画性がまったくなく
思いつきだけでやってきた私ですが、、、
ここ最近、必要にせまられて渋々ながら
「ガントチャート」を活用しています。
 

「ガントチャート」を創るためには、
かなり細かいとこまで考えないといけないし、
まあまあ長期的にも考えないといけないので、
思いつきと目先だけの甘っちょろい考えは
内容的にも時間軸的にも収益性的にも
根本からぶっ壊されることばかりです!

 
思い通りにいかず嫌になることも多いですが
そのおかげで知恵を絞るし、動き回るし、
仲間に一生懸命に伝えて本気で頼るし、
結果的に今、自分たちに足りないものや
新しく必要なものが浮き彫りになってきます!

 
活用してみて気付いたのですが
考え抜いて、迷いぬいて、悩み抜くと、 「これ本当にやりたいことなのか?」とか
「この仕事を楽しんでいるのか?」といった
根源的な問いかけが必ず最後に浮かんできて、
大切な自分たちの内なる「想い」を問い直されます。
結果的にビジョンや戦略が明確になるだけじゃなく
大切な「想い」の解像度もアップしました!
 

「ガントチャート」つくりは今なお苦手です!笑

 

ガントチャートとは

ヘンリー・L・ガント(米国のエンジニア)1903年に発表した論文を体系的な管理手法に発展させたものと言われている。

具体的には、プロジェクト管理スケジュール作業の進捗を管理する帯状のグラフのことである。

横軸に時間、縦軸にメンバーや作業内容を配置し、工程やタスク毎に作業開始日、作業完了日の情報を帯状グラフに表したものである。

ガントチャート

 
  1. しょうま さん
    出路さん

    お疲れ様です。
    いつも有り難うございます。

    ガントチャート僕もチャレンジしてみます。
    想いの解像度って自分では高いと思っていても、いざ人に説明すると穴が見えてきたりします。
    実現させるには、考え抜き、しっかり計画建てていくプロセスが重要なんでしょうね。
  2. 岩崎 さん
    出路さん

    おつかれさまです

    【大人】ですね、ええ、あなにやし!!

    いつもありがとうございます
  3. マルヤマ さん
    お疲れ様です!
    これをやると、確かに作業工程1つとっても起承転結があり、必然と深堀りせざるを得ない状況になります。
    で、結局、そもそも、、、ってなりますね。。。
  4. 町田 大川 さん
    よく見る資料のレイアウトではありますが、実際こうゆう風に創っていくのは難しそうですね!

    その分理解度、解像度につながるんですね!!
  5. オカモ さん
    ガンチャートいいですね!!
    僕もビジョン、戦略の解像度アップに活用したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。