TOPICS | 2021.07.12

【森】リサイクルを再定義。鳥取県の予約制古道具屋「がふ」のPop-up shop & トークイベントを開催。

【森】リサイクルを再定義。鳥取県の予約制古道具屋「がふ」のPop-up shop & トークイベントを開催。

USEDを拡張する進化型古着屋“森”が京都に移転してから開催する、初のPop-up shopは、鳥取県倉吉市にて予約制の古道具屋を運営する「がふ」です。

今回のPop-up shop(題:DECORATION X)では、もう使われなくなった“もの”に焦点をあてました。

お客様自身で再評価、再解釈していただき、新しい価値を見つけることによって、リサイクルが「もっと身近で面白いことだ」という体験をしていただきたいと思います。

また、初日である7月22日(木) 18:00~は「がふ」店主の長谷川氏をお招きして、トークイベントを開催する予定です。

 

■開催日時
2021.7.22(Thu)~8.8(Sun)
平日:13:00~18:00
土日祝:13:00~19:00

 

■トークイベント
2020.7.22(Thu) 18:00~

 

■開催場所
USEDを拡張する進化型古着屋“森”
京都府京都市中京区中之町538-1 1F

 

 

【がふ】
鳥取県倉吉市にある予約制の古道具屋。
集めているものは、「顔に見える」「光ってる」「見覚えがある」「写真には写らない」「音が出そう」「ありえない」……etc
後ろに「~もの」とか「~のもの」と付けて読むとわかりやすい“もの”を集めています。
・Instagram
https://www.instagram.com/gavhustore/

 

~Pop-up Title~
・DECORATION X
無関係に見える生活のシンボル。お気に入りのニュアンスでお部屋をコーディネイト。価値はフラットに見えて値段はばらばら(簡単に儲かる方法はありません)。
長く使う物に取って代わるコンセプトは一定のルールを守り、限定され、決して振り返ることはありません。
再評価、再解釈、再編集の行動の結果、みんながリサイクルに取り組むきっかけを与えたいという考えともう一つは、わからないもの(X)に対する純粋な好奇心は説明できません。そしてそれらが並べられます。

 

 

 

ガフイメージ2 がふ_イメージ


戻る