新・やる気伝道師日記

Charley don’t surf

BY:出路 雅明
2017年11月16日
5件のコメント

チャーリー ドント サーフ

初期パンクバンド クラッシュで 一番 大好きな曲!

「charley don’t surf」(チャーリー ドント サーフ)

高校の時に行ったクラッシュのライブで観た、この曲のライブ映像が今なお頭に焼き付いてる!

ベトナム戦争でナパーム弾にて 焼き尽くされるジャングル(人々や動植物)の映像。

「チャーリーはサーフィンしない」
フランシス コッポラ監督の地獄の黙示録というベトナム戦争の映画の1シーンのセリフ。

チャーリーとは、ベトナム兵のことを
アメリカ兵が呼んだ蔑称。

クラッシュのボーカル ジョーストラマーが 地獄の黙示録を観て 映像が頭に焼き付いて作った曲。 スローでパンクっぽくないがメッセージ色の強いこの曲が収められているアルバム タイトルは『サンディニスタ』ニカラグアの戦争での民族解放機構のことであり後々の政府となる。

高校生の1パンク少年の心に刻まれた一曲であり、人生で忘れることのない1シーンです。

ちなみにそのライブはフェスティバルホールという大きな会場で行われました、私のシートは一階の一番後ろでしたが、、、ライブがはじまると同時に暴動のようになって、、、気がついたら ほぼ最前列に居ました! 時代なのか、若さなのか、、、今から振り返ると物凄いエネルギーだったと感じる!

Charlie don’t surf and we think he should
Charlie don’t surf and you know that it ain’t no good
Charlie don’t surf for his hamburger Momma
Charlie’s gonna be a napalm star

チャーリーはサーフィンしない
した方がいいのに、、、
チャーリーはサーフィンしない
よくないことさ、、、
チャーリーはサーフィンしない
丸焦げになるママのためさ
チャーリーはナパーム弾の星に
なるつもりなんだ、、、

23472973_1521848724562951_2986728083512336436_n 23519073_1521848721229618_8588016293379164862_n

  1. HIDEKO さん

    クラッシュは、ロンドン・コーリングぐらいしか知りませんが
    出路さんの「この素晴らしき世界 / ルイ・アームストロング」の歌声を思い出しました。
    ベトナム戦争への思いが込められていて、今でも心に響いています。

  2. SS福岡 ぴいちゃん さん

    おはようございます。
    影響力ってものすごい力がありますね。
    私も野球が好きで学生時代は野球観戦に没頭する日々でした。
    おかげでホークスの秋山監督やホークスの選手たちと仲良くなり、
    いつも応援していた立場だったのが逆に励まされる日々もあって
    人生に勇気を貰ったことを今思い出しました。
    そんな日々が今の私も作っているんだなあ~としみじみ感じることができました。
    今は今で少し悩んでいる時期だったので
    いつかこの「今」があってよかったにつなげられるよう本日も精進してまいります。

    ちなみに出路さんはいつもどうやってつらいことを乗り越えられていますか?
    いつか教えてください。

  3. S竹下 小川 さん

    おはようございます。

    6年前ぐらいにクラッシュのTSがNEWでスピンズで販売されてましたよね?私がお客さんの頃買った記憶を思い出しました!

    クラッシュの音楽は聴いた事がないので聴いてみようとおもいます!!!

  4. 大川 さん

    好きな漫画で登場人物が好きな曲でクラッシュの「白い暴動」事を言ってて聴いた事はありますが、他の曲は全然聴いた事ないので一度聴いてみます。

  5. SS福岡 ぴいちゃん さん

    出路さん、先日はきのさんの結婚式でこちらのコメントのお返事をいただき
    大変感激いたしました。
    本当にうれしかったです。心が躍りました!
    これからも自分らしく精進いたします。
    取り急ぎこちらのコメント欄に失礼いたします。
    又お会いできるのを楽しみに本日もすばらしき仲間たちとともに
    携わるすべての皆様を幸せにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>